【柔道整復師×睡眠健康指導士】不眠・頭痛・眼精疲労・更年期障害・姿勢改善・骨盤矯正が得意な整骨院です。

足裏の痛み(足底筋膜炎)

足底筋筋膜炎(足底腱膜円)でお悩みの方へ

『毎日立ち仕事だから踵の痛みをどうにかしたい』

『朝一番に立ち上がる時に激痛が走る』

足裏の痛み(足底筋膜炎)は慢性化しやすい症状ですので、初期段階のケアが大切です。

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)にはこんな特徴があります!

□ 朝一番の立ち上がる際に痛みが出る
□ 革靴など固い靴を履くことが多い
□ 長時間の立ち仕事
□ 長い時間歩く
□ 扁平足など足裏に異常が見られる
□ 猫背、骨盤の歪みがある

 

足裏が痛む足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは?

みなさんの周りには、『足裏が痛い』と言っている方はいませんか?

実はこれは足裏の筋肉を痛めていることで炎症が出ている状態です。

足裏の筋肉のことを、足底筋膜と言います。

この症状は、足裏の筋肉を繰り返し使うこと(オーバーユース)が原因で起こります。

具体的にいうと、日頃長い距離を歩く職業の方や、長時間の立ち仕事の方は、足裏の筋肉を使うことが多い為、発症しやすいです。

痛みが出る部分としては、踵から土踏まず(足の内側)の部分に沿って出ることが多く、痛めた初期は、『朝立ち上がる時に一番痛む』というような声を多く聞きます。

まれに、さほど足裏の筋肉を使わない人にも発症するのですが、こういう方は、扁平足や外反母趾など足裏に異常が見られたり、クッション性のない靴を履いるなどの特徴が見られます。

【外反母趾・扁平足・浮き指のページはこちら】

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は初期の治療がとても大切で、放っておくと慢性化しやすい症状でもあります。

また『痛いけどどこの病院の何科にいけば良いの?』と思っている方も多いようです。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、足裏の筋肉の炎症ですので、整形外科や整骨院(接骨院)で対応可能な症状です。

当院でも多くの足底筋膜炎の患者さんの対応をしてきたので、お困りでしたら一度ご相談していただけると、力になれると思います。

 

 

ココカラ整骨院の足底筋膜炎(足底腱膜炎)の治療は?

まずは安静が第一になります。

先にも触れたように、足底筋膜炎はしっかりと治さないと慢性化しやすい症状だと言えます。これは、足裏の筋肉は常に使う筋肉だからです。

ココカラ整骨院では、まず『痛みの軽減と安静』を目的に、アキレス腱に独自のテーピング法

fullsizerender-12

足底筋膜炎は他の踵回りの疾患と誤診しやすい部分に痛みが出ていることもあるので、問診と触診には特に時間を割いています。

【踵の痛み(アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎)のページ】

また、痛みの根本の原因が扁平足や外反母趾にある方は足裏の矯正を目的とした、テーピング療法とトレーニングを合わせて行います。

fullsizerender-13

痛みが引いてきたら、足裏のマッサージやストレッチをを行い足裏の筋肉に柔軟性を出していくことで、足底筋膜炎が起こりづらい足を作っていきます。

 

どれくらいの期間で治るの?

 

踵周囲の痛みに関しては、治癒期間は長めに見て1ヶ月半です。
早い人だと2週間位で良くなる人はいますが、こちらは個人差があります。

来院頻度は、痛みが強いうちは間隔を詰めて週3以上が望ましいです。

料金

 

アキレス腱炎+足裏の矯正テーピング 700〜1200円
足裏トレーニング 1500円

※痛みがあり、原因がはっきりしているものには健康保険が適用されます。

 

 

お悩みサポート情報

友だち追加

休診日のお知らせ

※詳しくはこちらからご確認ください。

お悩みサポート情報

PAGETOP