【柔道整復師×睡眠健康指導士】不眠・頭痛・眼精疲労・更年期障害・姿勢改善・骨盤矯正が得意な整骨院です。

腰部脊柱管狭窄症

【脊柱管狭窄症でお悩みの方へ】

『長時間歩けなくなってしまい、外に出るのが億劫です。。』

『腰のダルさや重さが常につきまとって困っています』

腰部脊柱管狭窄症は、姿勢を改善すれば痛みが消える場合もある症状です!!

14285246_529824400542008_283942610_o

 

 

脊柱管狭窄症のこんな症状でお困りではありませんか?

□ 慢性的に腰に重だるさがある
□ 足に痺れや痛みが出る
□ 長時間歩けない
□ 休むと楽になる(前かがみが楽)
□ 段差でつまずくことが多くなった

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症ってどんな症状?

脊柱管狭窄症も椎間板ヘルニアと同じくらい多い疾患です。
脊柱管狭窄症はとても辛い症状ですよね。

人によっては長い距離を歩くことが出来なくなり、行動範囲が狭くなってしまうがために、外出する意欲がなくなってしまう方も結構おられます。

人間の背骨の真ん中には『椎孔』という孔(あな)が空いており、背骨が重なってできた孔は『椎管孔』と呼ばれています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-19-26-16

この椎管孔の中を神経が通っているのですが、背骨が変形して神経を圧迫したり、周囲にある靭帯が肥厚(大きくなること)して神経に触れて、痛みが出ている状態を脊柱管狭窄症と言います。

なりやすい人の特徴としては、若い頃に激しい運動をしていた人、肉体労働者、デスクワークの仕事の人などが挙げられますが、一番多いのが加齢です。

加齢に伴って、人間は背骨が曲がってきたり、姿勢が悪くなるので、それが原因だと言われています。

脊柱管狭窄症は、慢性的な腰の痛みや重だるさはもちろんあるのですが、特徴的な症状として『間欠性跛行』というものがあります。

間欠性跛行は、普段はなんともないのですが、歩き出すと足に痺れや痛みが出てくるために長時間歩けなくなるといったものです。

また、前かがみになって休むと、再び歩けるようになるため脊柱管狭窄症の疑いのある人には、この症状の有無を聞きます。

前かがみで休むと回復するのは、前屈した状態は、神経を圧迫した状態が取れるためです。

当院では、姿勢の改善や私生活のアドバイスを元に症状の緩和を図って行きます。症状が消失した患者さんもいるので一度ご相談いただければと思います。

 

 

当院は大腰筋のアプローチで脊柱管狭窄症を改善していきます!

変形した骨自体を治すことは、手術をしない限りは難しいです。

しかし、骨盤の歪みや、足の長さ、不良姿勢を改善すると、圧迫されている神経の通り道を作るができるので、脊柱管狭窄症の症状が緩和された方はいらっしゃいます。

姿勢や骨盤を支える筋肉の中に大腰筋という筋肉があるのですが、当院ではその筋肉をアプローチしていくことで、姿勢の改善を図っていきます。

大腰筋はこのように股関節から胸椎にかけてついている筋肉です。

この筋肉が硬くなると、脊柱全体のカーブに影響を与えます。

大腰筋の緊張の確かめ方

うつ伏せになって、膝を曲げることで確認できます。

正常だとこんな感じに拳一個分位まで膝は曲がるはずです。

しかし、大腰筋が硬くなっていると、膝の拳が3個分くらまでしか曲がりません。

もしくは、お尻を上げて膝を曲げようとする『尻上がり現象』が見られます。

これは、大腰筋が緊張している状態で膝を曲げようとすると、筋が突っ張るので代償しようとする動きです。

ソフトタッチの矯正整体
+
大腰筋アプローチ
+
ストレッチポール

『安心・安全』な独自整体法である
『ココカラ式 バランス整体』で症状を改善していきます。

ココカラ整骨院 施術の一例

 

 

治療の流れ

①問診

%e5%95%8f%e8%a8%ba_01

現在の腰の痛みの症状や、しびれ、間欠性跛行の有無を聞いていきます。

また、他にも内科的疾患(糖尿病など)がある場合にはお知らせください。
しびれなどの症状は様々な疾患が考えられます。

また、間欠性跛行は脊柱管狭窄症だけでなく、様々な腰痛でも出現しますし、バージャー病(閉塞性血栓血管炎)という疾患にも発生します。

様々な視点から原因を追求しますので、お答えできる範囲でおしえていただければと思います。

②検査

実際に筋肉の張りや、歪みを見ていきます。
また、感覚障害がないかなども合わせて見ていきます。

姿勢不良が見られる方は、当院の『身体診断』を受けていただくと、より歪みや身体の異常を特定することができます。

 

③状態説明

14248064_529824343875347_841825208_o

問診と検査を踏まえて、現在の頭痛の状態を説明していき、治療プランをお伝えします。

 

④施術

14247786_529824577208657_1708283853_o

施術は現在の状態に合わせて行っていきます。

腰や臀部の張りをマッサージで取ったり、痛みがさほどないのでしたら、頚椎、背骨、骨盤の矯正、足のバランスを整えていきます。

来院頻度について

『来た当初よりだいぶ症状が落ち着いた』この状態まではおよその施術回数として8回は必要です。

最初の4~6回を間隔を詰めて集中してきたいただくと狙った効果が出やすいです。

その後は、一月に1~2回ほど来ていただくと全身的に身体の好調をキープすることができます。

狭窄症は骨の変形による神経圧迫症状なので、姿勢改善でどこまで、症状を抑えられるかが焦点となります。

 

fig-03

料金

ココカラ式 バランス整体 4,650円(税込)

※痛みがあり、原因がはっきりしているものには健康保険が適用されます。

 

 

脊柱管狭窄症の日常の注意点

①身体を反る姿勢をとらない

狭窄症は、後屈(腰を反る体勢)を取ると痛みが強くなります。反らすことで、神経の圧迫が強くなるためです。

ヘルニアですと、コルセットを処方されたりするのですが、狭窄症の場合は、普通のコルセットを使うのは止めて、狭窄症用のコルセットを使うことが望ましいです。

『腰痛ベルトの通販 コルセットミュージアム』
http://www.youtsuubelt.com/sub338.html

選び方や合わせ方もご相談に乗れますので、お気軽に聞いてください。

 

②大腰筋のストレッチ

陸上の時のクラウチングスタートの姿勢を取ることで、後ろ足の方の大腰筋が伸ばせます。

 

 

お悩みサポート情報

友だち追加

休診日のお知らせ

※詳しくはこちらからご確認ください。

お悩みサポート情報

PAGETOP