正しく眠ると体重が1ヶ月で◯キロずつ落ちていく!?

      2017/08/20

s_IMG_1643

こんにちは^ ^
未来ケアサロン
ココカラ整骨院の依田です!!

以前ブログで
『寝不足は、太る原因になる!』
という内容を書きましたが、

実は裏を返すとしっかり眠れば痩せられるということも分かっています。

過去のブログはこちら↓↓
スクリーンショット 2017-06-23 12.51.51【睡眠不足はダイエット効果を50%カットさせる】 未来ケアサロンのブログはこちら

寝ながらダイエットの著者
佐藤桂子先生の本でも紹介されていますが、

睡眠を改善しただけで「半年で5㎏」痩せた人もいるということからも、睡眠と体重のコントロールは深く関係しているのです。

様々なダイエット法や体型維持の方法があると思うのですが、まずは土台である痩せやすいカラダを作るために、睡眠の基礎を作る事はとても大切なことになります。

19225844_658410361016744_3681251891787531259_n

未来ケアサロンでも、1人1人にあった体型維持の方法をご提案していますが、まずはじめに睡眠を安定させることから取り組んでいます。

美容も健康も手に入れる上で、本人の努力が何よりも大切なのですが、理論に基づいた効率的な方法を取ることも大切です。

では眠ることで、痩せやすいカラダを作れるというメカニズムはどういうことなのでしょう?

今日はそれを簡単に説明していきます^ ^

 

寝るだけダイエット
『痩せホルモン』の正体

s_woman-bed-female-attractive

寝るだけで痩せられる理由はいくつかあるのですが、大きな役割をしているのは、

痩せホルモンと言われる
『成長ホルモン』のおかげです。

成長ホルモンと聞くと、
『思春期に背を伸ばす時のホルモン』
というイメージがあるかもしれないのですが、

実はカラダにとってさまざまな作用があるんです^ ^

 

成長ホルモンの役割をあげると

・身長を伸ばす
・疲労回復
・免疫気力のUP
・美肌(アンチエイジング)
・脂肪分解
・髪の毛の発育
・血糖値の維持

こうあげてみると、さまざまな役割があることが分かりますよね^ ^

というより、みなさんが手に入れたいものばかりだったのではないでしょうか?笑

しっかり眠ると痩せるというメカニズムは、成長ホルモンのこの『脂肪分解』の役割によるものなのです。

この成長ホルモン
実は、寝ている時しか分泌されず、それもどれだけ質の良い睡眠が取れているかで分泌量は大きく変化します。

長い時間眠れば良いというワケでもないので、以下の簡単チェック項目で自分の睡眠力を確かめてみて下さい^ ^

 

あなたの睡眠は大丈夫!?
10秒で出来る簡単チェック5項目!!

s_checklist-1919292_960_720

みなさんはいくつチェックが入るでしょうか?

Let's Try Check✒️
✅朝からだるくてやる気が出ない
✅睡眠時間は足りているはずなのに疲れが取れない
✅移動の電車の中はいつもウトウトしている(日中眠気に襲われる)
✅目覚まし時計を使わずに、気持ちよく 目が覚めたことがない
✅お酒を飲まないと眠れない

いかがでしょうか?

この中で1つでもチェックがついたあなたは、満足の睡眠がとれていないということになります。

 

運動よりも優秀な成長ホルモンの脂肪分解力

s_Fotolia_153139669_Subscription_Monthly_M

成長ホルモンの脂肪分解力は、1日あたり約300キロカロリーと言われています。

分かりやすく言うと、
『寝ている間に300キロカロリー消費しますよー』
ということです^ ^

 

例えば、運動で300キロカロリー消費しようとすると、、

・ウォーキング(5.6km/h) 60分
・サイクリング(20km/h)  30分
・フリスビー 80分
・けんけん跳び 49分
・子供と遊ぶ(本気で) 48分

これくらいの運動が必要になります!!笑

そう考えると300キロカロリーを消費することがいかに大変なのかが分かりますよね。

運動でカロリーを消費するより睡眠でカロリーを消費する方が断然簡単で、ノーストレスなのです!!

体重1キロあたりの脂肪は
7200キロカロリーと換算できるので…

300キロカロリー×24日
=7200キロカロリー

正しく眠れていると、約24日で1キロ体重は減る計算になります!!

s_Fotolia_153371762_Subscription_Monthly_M

ただし、
逆にしっかりと眠れていない人
(睡眠時間が4時間未満の人)は、

成長ホルモンの脂肪分解力が70%カットされてしまうという結果が報告されています。

70%カットされるという事は、成長ホルモンの脂肪分解力は約100キロカロリー

しっかり眠れている人と、そうでない人とを比べると、200キロカロリーも差があることになります。

眠れていない人は、毎日200キロカロリー分の脂肪が分解されないわけなので、当然太りやすくなるとも考えられます。

 

太りやすい体質を変えるにはまずは良質な睡眠を!!

s_pexels-photo-206396

いかがだったでしょうか?
眠り方1つで体型は大きく変わるということが分かっていただけたかと思います。

睡眠は大切なものだという認識は、みなさんあると思うのですが、

『眠ったらどんな良いことがあるか?』

このことに関しては、あまり知られていません。

運動やエステ、食事法など様々なダイエット法がありますが、カラダのバランスを調整している睡眠をまずは整えることで、痩せやすいカラダ作りをしていくことが、なによりも大切になります。

睡眠のメリットをしっかり理解してみると、少し睡眠に気を使おうと思えますよね♪

ぜひ今日からみなさんも快適睡眠ライフを意識してみて下さいね(╹◡╹)

疑問・質問も下記のLINE@からいつでもお受けしています♪♪

未来ケアサロン
依田恭平
 

===================

IMG_1747

【セミナー内容・申し込み】
毎日を前向きに充実したものにしたい方はこちら

『魅力的な人が絶対にやっている未来ライフな㊙︎睡眠習慣』
今だけこっそりLINE@で教えてます↓↓
【登録はこちらから】

===================

 - 魅力的な人が絶対にやっている㊙︎睡眠習慣