睡眠不足はダイエット効果を50%カットさせる

      2017/08/07

スクリーンショット 2017-06-23 12.51.51

こんにちは!
未来ケアサロン
所沢市小手指の整骨院
ココカラ整骨院の依田です^ ^

今日は睡眠とダイエットにまつわる深いお話をしていきます。

 

『頑張っても思うように体重が落ちない。。』

 

ダイエットに取り組む中で、こう感じている人って結構いらっしゃるのではないでしょうか?

実は、この原因が睡眠が深く関わっているんです。

 

寝不足は太るというのはホントのことです!!

cropped-shutterstock_252988429-500x334.jpg

睡眠はカラダの色々なことに関係していて、それはダイエットに関しても言えることです。

人は睡眠中に、様々なホルモンが働いているおかげで身体を修復したり適正にコントロールされています。

 

そんな中、睡眠不足が続くと
食欲増進ホルモンと言われる『グレリン』が活発に働くせいで、食欲が増す傾向にあります。

 

また、人間って寝ないとストレスが溜まる生き物なんです。

みなさんも寝不足の日って、イライラしたり怒りやすかったりした経験ってありませんか??

pexels-photo-262145

ストレスが溜まったら、解放しなきゃいけません。
そうでないと人間は精神的に壊れてしまいますから。。

そこでてっとり早くストレスを解消できるのが、そう!

 

『食べること』です。

 

ダイエット中や徹夜をしている夜中って
お腹が減った経験ってみなさんはないですか?

これはさっきのグレリンとストレスが原因なのです。

 

睡眠不足で筋力も落ちるという新事実

Young anorexic woman in underwear watching herself in a mirror

ちなみに睡眠不足はダイエットの効果を
半減させるという実験データも出ています。

ある2つのグループで脂肪がどれだけ燃焼したかの比較実験を実施。

8時間睡眠を取ったグループは、5時間以下の睡眠不足のグループよりも、55%も脂肪が落ちたという結果になりました。

しかも、筋肉量も睡眠不足のグループは減ってしまうというデータもあります。

 

この結果の開きの差はすごいですよね。

痩せる上で筋肉はとても大切で、脂肪を燃やしてくれる『熱』を作りだしている大半は筋肉の役割です。

 

まとめると、カロリー制限のダイエットをしていたとしても、筋トレをしていたとしても、

睡眠不足は結果が出にくいということを意味しています。

参考:Insufficient sleep undermines dietary efforts to reduce adiposity

 

頑張りすぎるよりも適切な睡眠を

pexels-photo-206441

以上のことを踏まえると、

夜寝る前に筋トレとかランニングを頑張るより、
規則正く睡眠を取って、

『太りづらいカラダ』を創った方が断然効率が良いということになります。

30分頑張って走っても、200キロカロリーほどの消費にしかならず、成果としては大体おにぎり1個分です。

有酸素運動はも大切ですが行うタイミングにコツがあるんですが、それはまたの機会に書かせてください。

 

『痩せたけど体調を崩してしまった。』
『体重は減ったけど老けた感じになってしまった。。』

 

痩せる理由は人それぞれかと思いますが、こんな状態になることは誰も望んでいないと思います。

【健康的に痩せる】

これが一番大切なことなのではないでしょうか?

 

『現在頑張ってるけど、なかなか痩せれてない。。』

こんな方は、良質な睡眠を取ることを意識してみてくださいね。

 

未来ケアサロン
依田恭平
 

===================
スクリーンショット 2017-08-07 15.50.53【3ヶ月で私らしい未来ライフを手に入れるアンチエイジング睡眠!! 未来サロン】

【セミナー内容・申し込み】
毎日を前向きに充実したものにしたい方はこちら

 

『魅力的な人が絶対にやっている未来ライフな㊙︎睡眠習慣』
今だけこっそりLINE@で教えてます↓↓
【登録はこちらから】

===================

 - 魅力的な人が絶対にやっている㊙︎睡眠習慣